10 太陽光発電所設置計画

2018年10月21日 (日)

町内会:サブ会議開かれる ほか

・・・サブ会議・・・
 町内の課題を若い人も高齢者も一緒に考える会です。10月20日夕方から開催されました。
H301020_04
↑写真1枚目:会議の様子
[報告事項]
o 10月6日 勉強会
o 10月8日 全国メガソーラー問題シンポジウム  ・ 2019/1月、東京で開催する
o 10月8日 岡山市の公民館を考える市民フォーラム
o 10月19日 岡山市新規特別災害警戒区域の説明会
o 9月県議会で、陳情が採択されたこと等報告があった
[検討事項]
o 周辺地域へ働きかけ
    ・ 防災活動 高松公民館・吉備公民館※HUGファシリテーター
    ・ 足守公民館活動・ESD 今後、公民館との連携を強化
        足守川下流域への展開を公民館つながりでできないか模索。
    ・ ホームページをもっと活用。URL を印刷して渡すなど検討された。

・・・署名活動・・・
今日、足守メロン祭りが開催され、会場の外側で大規模な太陽光発電所計画に反対の署名活動をしました。
H301021_0401
↑写真2枚目:署名活動
 会場の上の山にメガソーラーが計画されていることを説明をして、多くの方から署名をいただきました。皆さんありがとうございました。

・・・足守メロン祭り・・・
H301021_01
↑写真3枚目:長蛇の列
 メロンを買い求めて開始30分前には長蛇の列ができていました。並ばれた後ろの方は大丈夫だったのかなー

H301021_0601
↑写真4枚目:踊り
 会場内では、子供さんが踊りを踊っていました。テント村では地元で採れた野菜、果物等販売され、賑やかな一日となりました。
 参加された皆さん お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

土砂災害防止法説明会

H301019_0101
↑写真1枚目:説明会
 土砂災害防止法に基づき調査し、警戒区域と特別警戒区域の説明と災害が起こる前触れと早めの避難について10月19日夕方、岡山県・岡山市職員による説明がありました。
 太陽光発電所計画地の下流域は、警戒区域であり特別警戒区域でもありました。改めて危険な場所にメガソーラーを計画されているのだなーと思いました。
 7月豪雨でも池の管理道が土砂崩れに遭い(下流に我が家)、危険な箇所に大規模な太陽光発電所計画設置に反対を続けて行きたいと強く思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

足守川周辺の昆虫とホタルの話し

平成30年10月6日 福祉交流プラザ大井18.30~22.40
講師 岡山理科大学 j○○先生(専門は昆虫)
大規模なソーラー計画地を上空から見た計画地を観ていただきました。
H3010_6_0201
写真1枚目:お話し

ホタルの種類 日本   20種類
                 世界  2,800種類
幼虫が水の中で生活するホタル日本 3種類・・・ゲンジボタル・ヘイケボタル・クメジマボタル 世界 10種類
↓ ホタルの食べ物 カワニナ(巻き貝) ホタルの幼虫は頭が小さいので貝の隙間から噛みつく              
↓  産卵 流れの際のコケなどに → 卵は約一ヶ月で孵化し、幼虫は水の中で生活する                 
↓  翌年のサクラが咲く頃に陸上に移動して土の中で蛹となる
↓  初夏には成虫として現れる
さまざまな水生昆虫
    カゲロウ カワゲラ トビケラ トンボ(ヤゴ) コオニヤナマ(トンボ)
    ヘビトンボ ヒラタドロムシ ユスリカ タイコウチ アメンボ
    いろんな水生昆虫が生息している。
   
森林の伐採が水生昆虫に与える影響
 森林が伐採されると河川に流れ込む土砂が増加し、川底が砂に覆われ付着藻類が減少して、それを餌とする水生植物やカワニナが減少し、ホタルにも影響する。
 水の流れの速さによっても変わり住みやすいところに水生昆虫は生息する。生息環境が変わればそこで生きていくことが困難になってくる。
 話を聞き、大規模な太陽光発電所計画地は、土砂災害の恐れだけではなく、そこに住む水生昆虫・植物にも影響が出るのだなーと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

町内会:サブ会議が開かれる

サブ会議=高齢者も若い人も世代を超えて地域の課題を話し合う会です。
  一緒になって活動いただける方はどなたでも参加できます。

H30_929
↑写真1枚目:話し合いの様子(平成30年9月29日開催)

[報告事項]
・ 7月豪雨で何を学びどう備えるか 9月24日の概要報告・・・地区内で災害が多数発生

・ 学習会 10月6日の内容について講師の方と打合せた概要報告
・ 反対署名簿 県と市に844名(累計7,363名)提出

[検討事項]
・10月6日 学習会(里山の昆虫、足守川の魚・ホタル生態等学びます) 16.30開会ですが、都合がつく方は18.00集合、会場(福祉交流プラザ大井)の準備をします。
・署名活動 管内の企業、10月21日足守メロンまつりで署名活動をする など話し合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

町内会:サブ会議開催

9月15日の記事です。福祉交流プラザ大井18.30~21.00開かれました。
[隣地確認調査]
 隣地  Hさんのの土地がなぜ購入していないか・・・・抵当に入っている・・・この場所は計画地に入っていない。
・足守川の水質が変化する可能性→生物への影響
  スイゲンゼニタナゴ=二枚貝 ホタル=カワニナ ハチクマ(タカ)
・環境アセスメントの対象がどこまでになるのか? 

[10月6日(土)N先生による勉強会]・
・・会場の準備等で18.00集合

[11月24日里山めぐり]
・運営費に充てたいので、募金箱を用意したい。
・白黒の説明資料は無料で配布するが、カラー判の説明資料は200円。
・茶菓子代100円(中学生以下は無料)
・11月11日(日)コース内の下刈り等作業 10時集合

[県議会への陳情]・・・陳情書を改めてだすかどうか。

[電力FIT制度]
・太陽光発電の買取価格は、FIT法改定前は、稼働が後になっても下がらない。

[岡山市田原のソーラーパネルの被災]
・1ha以上なので、県の開発許可を受けているはず。
 7月豪雨で被害が出たので、県の基準がこのままで良いのか?

[10月21日メロン祭り]・・・署名活動を行う。
                   など話し合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

県政・市政報告会 ほか

・・・県政・市政報告会・・・
H30_9_1_0201
↑写真1枚目:報告会
 主に太陽光発電所計画地のことで、県と市でのお話しを県議会議員・市議会議員の立場から伺いました。山林を伐採して急傾斜地に作ることに反対の意思を話され、一年以上反対を続けてきて、後押しをしていただけることに感謝いたします。引き続きよろしくお願いします。

・・・町内会:サブ会議・・・
 これからの活動について話し合いました。
 足守川の下流域にどのように伝えていくか、地域から離れるにつれて関心が低くなってきます。7月豪雨で下流域でも床下浸水が多数ありました。大規模な太陽光発電所ができれば更に被害が起こると思っています。地道な活動を続けるしかないのかなー

・・・亀と遊ぶ・・・

H30_9_1_02
↑写真2枚目:亀
 一週間前に棚田の中で捕まえていました。

H30_9_1_0601
↑写真3枚目:放す
 大きさは約20㌢、観たとき孫はデカーと一言、棚田に放すことにしました。
 この間に与えた餌は、人参、ダンゴムシ・サワガニ、芋虫等与えていました。
 元気に棚田の中に逃げていきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

第2回経過報告会開く・・・メガソーラー

・・・メガソーラー・・・

H30_825
多くの方の参加をいただき、説明会ができました。

H30_825_0101
↑写真1枚目:説明会
【説明】

 活動経過の概要について説明
 ・ 瀬戸内海放送によるニュースや空から観た開発計画地を観ていただき
 ・ 開発業者による計画規模
 ・ 開発後の影響 等 説明をしました。

【質疑応答】
 ・ 工事予定は過ぎている、会社にどうなっているのか聞かれたらどうか、240億円投資しているなかなか諦めないと思う。
 ・ 岡山営業所の場所、電話番号、職員数を教えてもらいたい。
 ・ 業者の担当者は東京にいる。あえて情報提供をすることはない。
 ・ 土地の購入ができていない所がある。

【里山めぐり】 11月24日(土)10.00~12.00案内をさせていただきました。

 昨年の7月15日業者から説明を聞き、土砂災害の危険がある里山に大規模な太陽光発電所計画に反対活動を続け一年が経過しました。正直に言って疲れます。災害の恐れがある居住している住人が、なぜここまで追い詰められなければならないのでしょう。
 
 どこか間違っていると思っています。居住している人の生命・財産を守るために反対を続けて行かなければと心新たに思いました。皆さんのご協力をよろしくお願いします。

 説明会にご参加の皆さん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

町内会:サブ会議 ほか

町内会:サブ会議=高齢者も現役世代も若い世代も一緒になって地域の課題を話し合う会です。

H30_818
昨日(8月18日(土)18.30~21.00福祉交流プラザ大井で開かれました。

【報告事項】
・町内会会長から挨拶・・・8/16岡山県備前県民局の概要
・8/5開発教育協会全国研究集会、8/10環境影響評価へのパブリックコメント、
 8/12お魚観察・葵橋付近 一括報告がありました。
【検討事項】
・周辺町内会への働きがけ
  ◇地図に落とした足守川下流域の学区報告・・・学区毎の名簿作成
    ◇阿曽地区へ働きがけ・・・署名約400名していただいた
  ◇隣接する奥坂と後原地区・・・知人に話をした、戸数(後原:7戸)が少ない
        連合町内会が動いていただけないなら、単位町内会に働きがけをしたら

・8/25 活動報告会・・・役割分担と会場準備 6時から
       協力をいただいた県議・市議にも開催のお知らせをする

・11/24 里山めぐりで自然散策
         町内回覧用に36部要
         資料・・・白黒の物を当日配布、ホームページに掲載してカラーが必要な人は各自でお願いすることにしました。

 8月25日の経過説明会に是非ご参加ください。
H30_825
 ※ サブ会議に参加されている皆さんは、6時までに集まってください。会場設営に協力ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

町内会:サブ会議

町内会:サブ会議=高齢者も現役世代も若い世代も一緒になって地域の課題を話し合う会です。8月4日(土)18.30~21.00開催されました。
H30_8_4_04

↑写真1枚目:会議の様子

会長から報告をいただいた後、
周辺への働きがけについて話し合いました。足守川下流域(吉備地区)でも床下浸水が20軒あったそうです。
・ 太陽光発電所計画地と周辺で土砂災害があった場所をマップの上から確認
   写真を観て危ないなーと共通認識をしました。
・ 8月25日(土)) 2回目の経過報告会について 役割分担等について話し合いました。
・ 里山を生かそうとのことで、11月24日自然散策を計画することになりました。内容はコー ス内の地蔵菩薩やお大師様、町内の史跡を見て歩きます。
 そのほか、8月12日と9月9日の2回10.00から12.00お魚観察会も計画されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

大規模な太陽光発電所反対のノボリ取り替え

・・・計画・・・

Img00201
↑写真1枚目:メガソーラー計画地
 昨年の7月15日、業者から説明を聞き、大規模な太陽光発電計画があることを知りました。あれから一年経過しノボリも傷んできました。

H30_724
↑写真2枚目:ノボリ旗取り替え
 7月豪雨でも太陽光計画地地周囲で多くの土砂災害があり、復旧の目途が立っていません。里山の自然環境を壊してする事業が、環境に優しい太陽光発電なのでしょうか?
 40年前にはイノシシも居ませんでした。飛行場ができ、ゴルフ場開発が進み、太陽光発電所設置によって、住みかを失ったイノシシ、今年は鹿までが出るようになりました。
 町内をあげて反対(93%)をします。今回ノボリを新たに30本作りました。近辺を通られると目につくと思います。ハザードマップで急傾斜地で土石流危険区域に指定された場所に太陽光発電所を設置することに反対をしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)