« 第7回大久百ふれあい・いきいきサロン・・・開催しました | トップページ | 枝打ち・・・生活道に出た部分 »

2012年10月27日 (土)

お米・・・持って帰りました

H241028お米:比較

左が「にこまる」、右が「ひのひかり」

ライスセンターに籾の乾燥と籾すりをお願いしていましたが、今日持って帰りました。

昨年まで作付けをしていた「ひのひかり」と今年作付けをした高温障害に強い「「にこまる」を比較してみました。

今年は、昨年の平均気温より高かったものの、「にこまる」の方が未熟米が少ないように思います。生活排水が入らない、沢ガニも住んでいるきれいな水で、減農薬に取り組んだお米ができあがりました。

|

« 第7回大久百ふれあい・いきいきサロン・・・開催しました | トップページ | 枝打ち・・・生活道に出た部分 »

01 お米」カテゴリの記事

コメント

生活用水が入らない、きれいな水と減農薬で作ったお米ですか。
きっと美味しいのでしょうね。
このようなお米を食べているtanabaさんは幸せですね。

投稿: チビクロサンボ | 2012年10月28日 (日) 07時05分

チビクロサンボさん こんにちは

きれいな水と土地が砂醸土が美味しいお米の条件と思っています。これに安全(減農薬)が加われば消費者の皆さんに喜んでいただけるお米ができます。

口コミで、消費者の皆様に少しずつ輪が広がり、食べていただいています。・・・・これで棚田の管理ができています。

コメントありがとうございます。

投稿: チビクロサンボさんへ(tanada) | 2012年10月28日 (日) 17時47分

新米できましたね~。
長期間のお世話、お疲れ様でした。
“にこまる”という品種ははじめてききました。
口にはいる日を楽しみにしています。
棚田を守るために地域全体で水と土地を守っているのでしょうね。
これからもがんばってください。

投稿: もみじ | 2012年11月 3日 (土) 12時06分

もみじさん 今晩は

「にこまる」は、「ひのひかり」の後継品種で長崎県で開発されました。新米を食味してみましたが美味しくいただくことができました。機会あれば味わってみてください。

皆さんに食べていただくことで、棚田の管理ができています。

コメントありがとうございます。

投稿: もみじさんへ(tanada) | 2012年11月 3日 (土) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556540/55982834

この記事へのトラックバック一覧です: お米・・・持って帰りました:

« 第7回大久百ふれあい・いきいきサロン・・・開催しました | トップページ | 枝打ち・・・生活道に出た部分 »