« 花壇の草取り・・・昨日の続き | トップページ | 第20回大久百ふれあい・いきいきサロン開催(お知らせ) »

2013年10月30日 (水)

お米・・・保管から消費するまで

H251030_01
写真1枚目:保冷庫01
ライスセンターから持って帰ったお米がどのように保管され、消費者の皆さんに届いているかご紹介したいと思います。

H251030_02
写真2枚目:保冷庫02
保冷庫内の温度は、一年中13℃以下で保管しています。これは、お米の品質低下をさせないためです。

H251030_03
写真3枚目:保冷庫03
平成25年産のお米が山積みです。・・・保冷庫内の状態

・・・・精米・・・・
H251030_01_2
写真4枚目:精米機01
注文をいただきお出でになる当日精米をしています。1回/30kgまでできます。

H251030_02_2
写真5枚目:精米機02
5分づき・7分づき・精米(市販されているもの)などその人によって内容が変わってきます。

H251030_03_3
写真6枚目:精米
この状態が7で精米した物ですが、多数の方が味わっています。

H251030_04
写真7枚目:米袋
袋は、5kgと10kgを用意していますが、品質の低下を防ぐために、お勧めは夏場で1ヶ月で消費できる量です。

・・・・棚田米・・・・

①水源に近い生活排水の入らない水のきれいな棚田で栽培しています。
②土質は砂壌土です。
③減農薬栽培をしています。
④玄米の保管は13℃以下でしています。
今年も甘みのある美味しいお米を作ることができました。

お米を美味しくいただくために、涼しいところに保管しましょうね。

|

« 花壇の草取り・・・昨日の続き | トップページ | 第20回大久百ふれあい・いきいきサロン開催(お知らせ) »

01 お米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556540/58483418

この記事へのトラックバック一覧です: お米・・・保管から消費するまで:

« 花壇の草取り・・・昨日の続き | トップページ | 第20回大久百ふれあい・いきいきサロン開催(お知らせ) »