01 お米

2017年4月29日 (土)

棚田の畦つけ ほか

・・・畦つけ・・・
H29_429_01
↑写真1枚目:取付
 棚田の土が畦つけに良い状態になり畦つけ作業をすることにしました。トラックターのロータリー部分を外して、畦塗り機を取り付けました。

H29_429_02
↑写真2枚目:畦つけ
 棚田の周囲を低速で、エンジンの回転数も下げゆっくりゆっくり畦を付けながら回ります。作付け予定地の全てに畦を一日掛かりで付けました。

H29_429_03
↑写真3枚目:洗浄
 畦付けが終わった後は、高圧洗浄機で付いた泥を綺麗に流し落としました。

・・・精米機の清掃・・・
H29_429_01_2
↑写真4枚目:精米機
 部品の中に米糠がこびりついています。

H29_429_02_2
↑写真5枚目:部品の清掃
 こびりついた米糠をドライバーや長いタワシでゴシゴシ落としました。これでしばらくは大丈夫かなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

棚田の草刈り作業 ほか

H29_425_01
↑写真1枚目:棚田
 朝から草刈り作業です。

H29_425_02
↑写真2枚目:棚田02

H29_425_03
↑写真3枚目:棚田03
 今日の草刈りはここまでです。疲れました。

・・・タケノコの収穫・・・
H29_425_01_2
↑写真4枚目:タケノコ01
 今年は不作との情報でしたが、覗いて観るとタケノコの頭の部分が覗いていました。

H29_425_02_2
↑写真5枚目:タケノコ02
 沢山収穫が出来ました。知人にも配付し、残りはゆがして一部を冷凍保存にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

肥料の撒布

 予報では明日は雨、雨の後しばらく棚田に入ることが出来無いため、野菜の定植を予定していましたが急遽変更です。

H29_416_01
↑写真1枚目:散布機
 トラックターに散布機を取付、土壌改良肥料(粒状セルカスター)を撒布です。

H29_416_02
↑写真2枚目:耕起と施肥
 棚田を耕しながら肥料も撒布できます。棚田の中を行ったり来たり、朝から一日同じ作業です。

H29_416_03
↑写真3枚目:施肥後の棚田
 小さな雑草もなくなり綺麗になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

棚田の耕起・・・雑草押さえ ほか

・・・耕起・・・
H29_3_8_01
↑写真1枚目:棚田

H29_3_8_02
↑写真2枚目:棚田02

H29_3_8_03
↑写真3枚目:棚田
 一通り棚田の耕起が終わりました。これでしばらくは雑草を押さえることが出来そうです。

・・・モグラ対策・・・
H29_3_8_01_2
↑写真4枚目:剃刀
 モグラの習性で物の付け根の所を通ります。

H29_3_8_02_2
↑写真5枚目:モグラの通路
 丸印の箇所にコメントで教えていただいた剃刀を立ててみました。通路の進入方向に刃を向け、ゆっくり差し込むと空洞が有り下側に着いた時点で止めました。さあー どうなるのでしょう 忌避剤の代わりになれば良いのですが?

・・・強風・・・ 
H29_3_8_01_3
↑写真6枚目:イチゴ
 風が強くビニールが剥がれてしまいました。

H29_3_8_02_3
↑写真7枚目:イチゴ
 ビニールを張り直して今日の作業が終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

棚田の耕起・・・雑草押さえ ほか

H29_3_7_01
↑写真1枚目:棚田(雑草)
 雑草が生えてきました。雑草を押さえるため棚田の耕起をすることにしました。

H29_3_7_02
↑写真2枚目:棚田(耕起後①)

H29_3_7_03
↑写真3枚目:棚田(耕起後②)

H29_3_7_04
↑写真4枚目:棚田(耕起後③)

H29_3_7_05
↑写真5枚目:棚田(耕起後④)
 耕起後は小さな雑草も見えなくなりました。今日は北風が冷たく、時折小雪がちらつく寒い一日でした。
 明日の予報(岡山気象台)は-0.9℃、棚田ではこれよりも2℃位下がります。ハウス内のストーブを付け夏野菜の苗が低温障害に遭わないようにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

水路枡の清掃

H29_2_8_01
↑写真1枚目:枡01
 谷川から水を引いています。水と一緒に砂利も入り清掃をすることにしました。

H29_2_8_02
↑写真2枚目:枡01(清掃後)
 土管の中に砂利が見えていますが、流れてくれば又清掃です。

H29_2_8_01_3
↑写真3枚目:枡02
 すっかり砂利で埋まっています。

H29_2_8_02_2
↑写真4枚目:枡02(清掃後)
 スコップで砂利をすくい上げ取り除きました。

H29_2_8
↑写真5枚目:枡(清掃後)
 谷川から枡①に入り枡②に回ってきます。これで水の流れが良くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

棚田の四隅整地

H29_117_01
↑写真1枚目:排水
 排水の悪い棚田があります。スコップで排水溝を作りました。

H29_117_02
↑写真2枚目:四隅
 トラックターで耕した後、隅に土が寄りスコップで寄った土を戻しました。

H29_117_03
↑写真3枚目:四隅

H29_117_04
↑写真3枚目:四隅
 スコップでの作業は、身体を動かし体内から暖まります。四隅の整地作業は一日で終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

棚田の耕起・・・終わりました

H281225_01
↑写真1枚目:耕起
 昨日に続き棚田を耕しました。トラックターの上であっちへ行ったり戻ったり単純作業です。

H281225_02
↑写真2枚目:耕起02
 高い棚田から下へ下へと耕起しました。田から田への移動が一番注意がいります。もし落ちるようであればどっちへ逃げるか、頭ら入れての移動です。

H281225_03
↑写真3枚目:耕起が終わった棚田

H281225_04
↑写真4枚目:耕起が終わった棚田
 ぬかるみの所もありましたが、棚田の耕起が事故もなく無事終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

棚田の耕起・・・来年に向けて

最低気温0.6℃、寒い一日でしたが、棚田を耕すことにしました。

H281224_01
写真1枚目:耕起01
 稲藁を焼却してからと思っていましたが、良く降る雨で稲藁を焼却することが出来ません。焼却を断念して耕起することにしました。

H281224_02
↑写真2枚目:耕起02

H281224_03
↑写真3枚目:耕起03
 トラックターの上で一日過ごすと冷たい風に吹かれ寒かったです。約半分耕すことが出来ました。稲藁をすき込むことによって早く腐食させることになり、また、雑草を押さえることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

棚田の排水 ほか

・・・排水・・・

H281210_01
↑写真1枚目:水たまり
 棚田に水たまりが出来抜けません。一週間に1回の頻度で雨があるためです。

H281210_02
↑写真2枚目:排水
 例年であれば11月頃には稲藁等を焼却し、耕起が出来ていましたが、焼却も耕起も出来ていません。このため排水溝を作り水抜きをすることにしました。これで棚田が乾くかなー

・・・立木伐採・・・

H281210_01_2
↑写真3枚目:立木
 草刈りをした後に立木があります。

H281210_02_2
↑写真4枚目:立木伐採01

H281210_03
↑写真5枚目:立木伐採02
 手引き鋸で出来る範囲の立木を伐採しました。見晴らしが良くなり、これでイノシシは棚田に近づくことが出来なくなればと思っていますが、どうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧