03 果樹

2017年4月26日 (水)

ぶどうの誘引と整形 ほか

・・・ぶどう(藤稔)・・・
H29_426_01
↑写真1枚目:ぶどう01
 今朝から雨模様です。ハウス内でぶどうの誘引と整形をすることにしました。

H29_426_02
↑写真2枚目:ぶどう02
 ぶどうの付け根部分(赤線)を切り形を整えます。

H29_426_03
↑写真3枚目:ぶどう03
 伸びた枝を誘引し、果実の整形をしました。形の良いぶどうが出来れば良いなー

・・・草刈り刃・・・
H29_426_01_2
↑写真4枚目:草刈り刃01
 草刈り中、手に振動が伝わってきます。原因は刃のバランスが悪くなっています。定規で位置を決め

H29_426_02_2
↑写真5枚目:研磨
 決めた位置まで研磨しました。バランスがとれ回転がスムースに出来ます。雨の中の作業でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

ぶどうの芽かきと誘引

H29_421_01
↑写真1枚目:ぶどう01
 芽が伸びてきました。

H29_421_02
↑写真2枚目:ぶどう02
 芽かきと摘果、誘引です。ぶどうの上側の実は摘果して、針金で許す範囲で引っ張ります。この加減が難しく強すぎると実の付け根部分から取れてしまいます。

H29_421_03
↑写真3枚目:ぶどうの果実
 上側の部分を切り取った状態です。

H29_421_04
↑写真4枚目:ぶどう04
 芽かきと誘引が終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

ぶどうの棚作り・・・続き

H29_4_4_01
↑写真1枚目:棚
 足らなかった資材を購入し、昨日に続き棚作り作業です。我が家のソメイヨシノ、まだ開花していません。

H29_4_4_02
↑写真2枚目:棚
 棚の骨格部分は完成しました。屋根はメッシュの金網を買い取り付けるか、竹藪から竹を切り屋根部分を作るか思案中です。

H29_4_4_03
↑写真3枚目:ぶどう゛藤稔)
 棚の角っこにぶどうの苗木を植えています。3年くらい掛け育てたいと思います。

H29_4_4
↑写真4枚目:ハナニラ
 満開になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

ぶどうの棚作り など

Cimg1495
↑写真1枚目:棚作り01
 ぶどう(藤稔)を今年植えています。二方向に棚を作りたいと作業をしました。

Cimg1496
↑写真2枚目:棚作り02
 支柱を立て金具で固定します。作業を進めていると パイプが足りないことに気がつきましたが、出来るところまでして切り上げました。

・・・草取り・・・
Cimg1498
↑写真3枚目:草取り
 ようやくれんぎょうが開花してきました。下にある雑草を取りました。しばらくの間鑑賞出来ます。桜の開花情報を聴きながら我が家のソメイヨシノを見上げてみると蕾の状態です。いつ咲くのかなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

ぶどうの芽傷処理と接ぎ木キュウリ

・・・ぶどうの芽傷処理・・・
H29_3_4
↑写真1枚目:芽傷処理
 植えてから一年経過しました。確実に芽を出させるため、芽傷処理をした方が良いと教えていただきすることにしました。

H29_3_4_01
↑写真2枚目:芽傷処理
 芽から先端の2㎝位の所に鋸で軽く傷を付け

H29_3_4_2
↑写真3枚目:アミノメリット青
 2倍液を芽にスプレーで吹き付けました。

H29_3_4_02
↑写真4枚目:シャインマスカット
 芽切り処理で上手く芽が出るのかなー

・・・接ぎ木キュウリ・・・
H29_3_4_01_2
↑写真5枚目:2月21日に接ぎ木をした苗

H29_3_4_02_2
↑写真6枚目:接ぎ木キュウリ
 止めていたクリップを外し、キュウリの茎を3分の1位切り込みました。しばらく様子見です。付きが悪いと萎れてきます。今日までに3株失敗していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

ぶどうの定植 ほか

・・・ぶどう・・・
H29_215_01
↑写真1枚目:ぶどうの苗
 ハウス内に植えている藤稔が衰えてきたため、昨年後継品種としてシャインマスカットを植えていました。4年もすれば衰えた藤稔は伐採する計画です。このため藤稔の苗を購入してきました。

H29_215_02
↑写真2枚目:定植準備
 穴掘り作業です。約1㍍ほど掘りました。

H29_215_04
↑写真3枚目:定植準備
 鶏糞・化成肥料・堆肥を交互に入れ苗床を作りました。

H29_215_05
↑写真4枚目:敷き藁
 苗を植え、土がどろどろになるよう水をやり。敷き藁をして定植が終わりました。

・・・焼却処分・・・
H29_215
↑写真5枚目:焼却
 風により倒れた枝や刈り取った笹など焼却し、片付けをしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

寒肥・・・ぶどうほか

・・・果樹・・・
H29_120_01
↑写真1枚目:ぶどう

H29_120_03
↑写真2枚目:ぶどう・ブルーベリー
 ハウスの外側にも根があり、寒肥(鶏糞))です。

・・・柿・・・
H29_120_2
↑写真3枚目:柿
 正月柿や富有柿にも寒肥です。

H29_120_3
↑写真4枚目:剪定枝
 先日、剪定をしたぶどうの枝も焼却処分をしました。

・・・花・・・
H29_120_4
↑写真5枚目:しきび
 しきび(花枝)にも寒肥をして、予定していた寒肥が終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

寒肥・・・キウイ等

・・・果樹・・・
H29_118
↑写真1枚目:キウイ

H29_118_2
↑写真2枚目:寒肥(鶏糞)

H29_118_01
↑写真3枚目:ミカン01

H29_118_02
↑写真4枚目:ミカン02

・・・花・・・
H29_118_3
↑写真5枚目:アジサイ

H29_118_4
↑写真6枚目:アジサイ・ボタン

H29_118_5
↑写真7枚目:丁子桜
 スコップで穴を掘っては寒肥(鶏糞)を1㍍間隔で入れました。今年も綺麗な花を付けてくれるのかなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

柿の木の剪定

H29_1_5_01
↑写真1枚目:柿の剪定
 この場所に柿が4本あります。正月柿2本と富有柿2本です。

H29_1_5_02
↑写真2枚目:正月柿

H29_1_5_04
↑写真3枚目:柿
 北風の冷たい中、脚立を移動しながら上がったり降りたりし、剪定をしました。

H29_1_5_03
↑写真4枚目:富有柿
 幹に苔がつき白く見えます。金のヘラで取り除きました。苔の隙間には害虫が越冬しているかも?

H29_14_05
↑写真5枚目:柿
 剪定作業が終わりました。風通しと日当たりが良くなり、今年も沢山実が付けば良いなーと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

ぶどうの剪定

H28_1_3_01
↑写真1枚目:藤稔(剪定前)
 ぶらぶらと二日もすれば身体がなまってしまいます。退屈なため今日から身体を動かすことにしました。

H28_1_3_02
↑写真2枚目:間引き
 枝が混み合い、5本仕立てを4本にしました。切口からの腐敗を防ぐため、トップジンMを塗りました。

H28_1_3_03
↑写真3枚目:藤稔(剪定後)
 一本間引いた後、間隔を揃え(誘引)枝を一節又は二節目を残し剪定しました。

H28_1_3_01_2
↑写真4枚目:シャインマスカット
 藤稔の後継品種として昨年植えたシャインマスカットもハウスの両端まで届くように伸びています。

H28_1_3_02_2
↑写真5枚目:シャインマスカット
 赤い線の所まで切り戻しをしました。

H28_1_3_03_2
↑写真6枚目:シャインマスカット(切り戻し)
 今年はシャインマスカットの樹木を育てる年になります。切り戻しをして元気な芽が出てきます。ぶどうを付けるまでに3年かかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧